gakuseiのまとめ
Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




Mozilla Re-Mix さんにて「Firefox 11でGoogleの高速プロトコル
『SPDY』通信を行う方法」というトピックがあったので試してみました。



SPDYプロトコル通信とは、Googleが提唱するhttpを補う高速通信プロトコル。
Firefox 11は、開発者向け機能のひとつとして、ページの読み込みを
高速化するSPDYプロトコルに対応しています。
このプロトコルで通信を行えばページの読み込みが高速化されることが
期待できますが、Firefoxデフォルトでこの機能は有効になっておらず、
ユーザーが手動で有効にしてやる必要があります。

プロトコルを使えばページ読み込み速度が(目標値)50%高速化される
というもので、すでにGmailやGoogle カレンダー、Google ドキュメント、
Twitterなどがこのプロトコルを使った通信に対応しています。

サイトが採用していてもブラウザが未対応では効果はありませんが、
Firefox 11からは以下の設定を行うことでこのSPDY通信が可能となります。

http://mozilla-remix.seesaa.net/article/258035444.html

Firefox 11でGoogleの高速プロトコル「SPDY」通信を行う方法



2・検索欄で「network.http.spdy.enabled」と入力して実行。



3・「network.http.spdy.enabled」をダブルクリックし、
値を「true」に変更します。これで高速化完了。


4・実際高速化されたか視覚的には判断できないので、
「SPDY indicator」というアドオンを導入します。



5・導入後はSPDY通信対応サイトを開くと、ロケーションバー右側に
アイコンが表示され、高速化が行われていることが視覚的に
確認できるようになります。





スポンサーサイト


追記を閉じる▲


SPDYプロトコル通信とは、Googleが提唱するhttpを補う高速通信プロトコル。
Firefox 11は、開発者向け機能のひとつとして、ページの読み込みを
高速化するSPDYプロトコルに対応しています。
このプロトコルで通信を行えばページの読み込みが高速化されることが
期待できますが、Firefoxデフォルトでこの機能は有効になっておらず、
ユーザーが手動で有効にしてやる必要があります。

プロトコルを使えばページ読み込み速度が(目標値)50%高速化される
というもので、すでにGmailやGoogle カレンダー、Google ドキュメント、
Twitterなどがこのプロトコルを使った通信に対応しています。

サイトが採用していてもブラウザが未対応では効果はありませんが、
Firefox 11からは以下の設定を行うことでこのSPDY通信が可能となります。

http://mozilla-remix.seesaa.net/article/258035444.html

Firefox 11でGoogleの高速プロトコル「SPDY」通信を行う方法



2・検索欄で「network.http.spdy.enabled」と入力して実行。



3・「network.http.spdy.enabled」をダブルクリックし、
値を「true」に変更します。これで高速化完了。


4・実際高速化されたか視覚的には判断できないので、
「SPDY indicator」というアドオンを導入します。



5・導入後はSPDY通信対応サイトを開くと、ロケーションバー右側に
アイコンが表示され、高速化が行われていることが視覚的に
確認できるようになります。





スポンサーサイト
にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ
にほんブログ村

[2012/03/17 21:05] | 情報
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。